/

この記事は会員限定です

来年は亥年、鳥取でジビエ振興 おせち料理も開発

[有料会員限定]

来年のイノシシ年に向け、鳥取県のジビエ(野生の鳥獣肉)関係者がイノシシ肉を巡る新たな振興策を始める。大山町はイノシシ肉の活用を促そうとジビエ解体処理施設を新設。北栄町の解体処理施設は品質をアピールする目的で鳥取県版HACCP(危険度分析による衛生管理)の認定を取得する。料理人の組織はイノシシを使ったメニューづくりも進める。

大山町は5500万円を投じて、主にイノシシを解体処理する「大山ジビエ工房」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1138文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン