2018年12月15日(土)

ベイシア、需要予測システム刷新 セール時の売れ方反映

小売り・外食
北関東・信越
2018/12/6 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スーパーのベイシアは商品の発注量を自動で決める需要予測システムを刷新する。セールなど通常より商品が多く売れる期間に発注しすぎないなど予測精度を高めたのが特徴で、2019年春までに約140の全店に導入する計画だ。都内の店舗では来店客の行動を分析する実験も始めた。人手不足が深刻化するなか、先端的なIT(情報技術)を活用して店舗運営の効率化を図る。

ベイシアは約8年前に需要予測システムを導入。過去の販…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報