2018年12月14日(金)

三井不・亀田グループ、千葉に大型有料老人ホーム

住建・不動産
南関東・静岡
2018/12/7 0:30
保存
共有
印刷
その他

三井不動産レジデンシャルは2021年11月、千葉県鴨川市に大型有料老人ホームを開業する。亀田総合病院(鴨川市)などを擁する亀田グループと連携し、医療・介護サービスを利用しやすい環境を整える。太平洋を一望できる眺望などをアピールし、自然が豊かな県南部で老後を過ごしたい高齢者を呼び込む。

定年退職後も元気な「アクティブシニア」の入居を見込む(イメージ図)

地上22階、地下1階建てで延べ床面積は約4万7000平方メートル。居室数は473戸で、同社によると県内の高齢者向け施設では最大規模という。介護の不要な高齢者の入居を想定しており、18年12月に着工。21年7月に完成する見込みだ。

鴨川市を中心に病院を展開する亀田グループと連携し、医師が常駐する診療所を施設内に開設。入居者の日常的な健康管理や相談に応じる。施設から約1.5キロメートル離れた亀田クリニックにも、入居者専属の医療コンシェルジュを配置し、病院の予約代行などを担う。

施設内には、入居後に介護が必要になった人が移り住める専用フロアを確保し、亀田グループの社会福祉法人の看護師や介護士が24時間常駐する。介護予防対策としてフィットネススタジオや屋内プールも設置し、シニア向けのプログラムや個別のリハビリサービスも提供する。温浴施設も整備する計画。料金は今後詰める。

入居者の要望をふまえ、開業後はマリンスポーツなどのイベントや、東京都心などへの送迎サービスなども実施する予定という。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報