2019年8月23日(金)

もりもと、GAP農産物で商品開発

2018/12/6 22:00
保存
共有
印刷
その他

菓子製造・販売のもりもと(北海道千歳市)は農産物の安全性に関する国際認証「グローバルGAP」を取得した北海道岩見沢農業高校(北海道岩見沢市)と連携し、同校が生産する農産物を活用した商品を開発・販売する。北海道経済産業局のモデル事業の一環で、GAP農産物の加工や人材育成など、食のグローバル化への対応を後押しする。

同校は2017年にトウモロコシやトマトなど9品目でグローバルGAPを取得。年内にはカボチャでも取得する予定だ。これらの中から菓子の原料に適したものを選んで商品開発を進め、18年度中の発売を目指す。高校が生産したグローバルGAP農産物を活用した商品開発は道内初。

もりもとは輸出拡大を目指し、これまでも「危険度分析による衛生管理(HACCP)」を取得するなど国際規格に沿った商品開発に力を入れてきた。同社は「GAP農産物を活用した商品を増やしていきたい」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。