2018年12月14日(金)

新潟市、インスタ映えスポットを地図で紹介

ネット・IT
北関東・信越
2018/12/6 22:00
保存
共有
印刷
その他

新潟市は6日、写真共有サイト「インスタグラム」に載せる写真を撮るのに適した市内スポットを紹介する地図を作製し、市の移住・定住情報サイト「HAPPYターン」で公開したと発表した。市内の魅力を発信する事業の一環で、移住促進に役立てるほか地域の魅力再発見につなげる。

公開した地図の名称は「#(ハッシュタグ)新潟グラマーマップ」。同市が2017年度に実施した、インスタグラムを通じて市内の魅力を発信してもらうキャンペーンで集まった5000以上の投稿を、ソーシャルメディア解析のパスチャー(東京・港)が分析。飲食店や観光施設など約20の人気スポットの投稿写真を地図に掲載した。

同市によると、インスタグラム利用者の投稿を基に地図を作製するのは初めてという。市の担当者は「市民でも意外と知らない場所が多く載っている。町歩きに生かしてもらい、地域により愛着を持ってもらいたい」と話す。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報