2018年12月11日(火)

外出先でも通話OK、アイホンが新機種 スマホを活用

中部
ビジネス
2018/12/6 20:00
保存
共有
印刷
その他

自宅にいなくても応対できます――。アイホンは6日、外出先からスマートフォン(スマホ)を通じて自宅の訪問者と通話できるテレビドアホンの新機種を2019年1月25日に売り出すと発表した。宅配便の再配達などを手軽に依頼できるメリットなどをアピールする。

製品名は「WP―24シリーズ」。共働きの増加やネット通販の拡大を背景に、初年度は1万台の販売を目指す。インターホンが鳴るとスマホの専用アプリが立ち上がり、画面で訪問者の顔を見ながら通話ができる。

呼び出しに気付かなかった場合は訪問者の映像を録画・再生し、後から確認できる。宅配ボックスとも連動する。扉を開くと自動で録画を始めるため、いつ誰が使ったかがわかる。定価は8万4千円(税別)。従来製品より2割ほど高いという。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報