2019年6月19日(水)

ノーベル賞・本庶氏、独ハウゼン氏「免疫療法の道開いた」と評価

2018/12/6 19:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ストックホルム=岩井淳哉】本庶佑・京都大学特別教授に10日、ノーベル生理学・医学賞が贈られる。がんの分野の研究者は10年ぶりとなる。2008年に子宮頸(けい)がんの原因ウイルス「HPV」を発見した独がん研究センターのハラルド・ツア・ハウゼン名誉教授に、本庶特別教授らの成果に対する評価などを聞いた。

――ノーベル賞を受賞する本庶氏と米テキサス大のアリソン氏の研究成果をどう評価しますか。

「がん免…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報