2018年12月18日(火)

習指導部の急所攻める米国 貿易協議難航は必至

ファーウェイ
ネット・IT
エレクトロニクス
中国・台湾
北米
アジアBiz
2018/12/7 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=多部田俊輔、ワシントン=河浪武史】トランプ米大統領の対中圧力の矛先が、習近平(シー・ジンピン)最高指導部が進める産業政策「中国製造2025」の中核であるハイテクの本丸に向かった。中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)は中国最大の民営企業で、中国企業として最大の輸出企業だ。習指導部にとって急所であり、米中協議の難航は必至だ。

「身柄拘束の説明と即時の釈放を求める」。中国外務省の耿爽副…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報