/

この記事は会員限定です

米、対中「最強カード」か ファーウェイを長年警戒

[有料会員限定]

【ワシントン=河浪武史】中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の最高幹部が、米司法省の要請で逮捕されたことが5日分かった。容疑はイランへの違法輸出とみられるが、米当局は同じ理由で中国同業2位に制裁を科し、経営危機に追い込んだ。ファーウェイ幹部の逮捕は米中首脳会談があった1日。通商協議を再開した途端、米国はハイテク分野の最前線に剣を突き立てた。

逮捕されたのは孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(C...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1365文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン