/

エーザイ、アルツハイマー病薬を治験へ

エーザイは6日、新たなアルツハイマー病治療薬候補「E2814」について、2018年度中の臨床試験(治験)入りに向けて準備を始めたと発表した。原因物質とされる脳内たんぱく質「タウ」を阻害する抗体医薬品で、現在エーザイが治験中のアルツハイマー病薬とは標的物質が異なる。多方面からのアプローチで、治療が難しい同病向けの新薬を目指す。

E2814は認知症研究で知られるユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)との共同研究から創製した。UCLとはこのほど、18年まで6年間の予定だった共同研究期間を23年まで延長することで合意した。

アルツハイマー病はタウや、たんぱく質「アミロイドベータ(Aβ)」が脳内にたまって神経細胞死を引き起こすことで発症するとされる。エーザイは現在、米バイオジェンと共同でAβを標的とする3つのアルツハイマー病治療薬の治験を進めている。うち「BAN2401」は第2相治験で好結果が得られ、早期の承認申請を目指している。ただ、より効果的に治療するにはAβだけでなく、タウを阻害する薬も必要だと判断した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン