2018年12月11日(火)

就活格差、インターンから 人気企業は脱「1日型」

スタートアップ
2018/12/7 2:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年卒の秋冬インターンシップ(就業体験)がピークを迎えている。参加が約9割に及ぶ中、大手企業は採用のミスマッチをなくすため「1日型」を廃止、実務の体験を深める手法を採り入れる。一方、知名度が低い企業は学生を集めやすい1日型から抜けられない。インターンの選考にもれる学生もおり、企業、学生に「就活格差」が出始めた。

「夏には2社のインターンに参加し、今月はもう2社行く予定。最近は授業よりも就活…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報