/

この記事は会員限定です

北京・杭州・上海・深圳、しのぎ削る中国ユニコーン

スタートアップ紅い奔流(上)

[有料会員限定]

中国でスタートアップ企業が続々と誕生している。主に北京、上海、杭州、深圳の沿海4都市を舞台に、フィンテック、ライドシェアなどニューエコノミーの担い手として浮上。中国政府は国有企業偏重だった経済の体質を改善させる存在になると期待する。上場予備軍に育った中国スタートアップの社数は100社を超えたとの調査もある。2回連載で4都市の現状を探る。

北京、中関村からハイテク企業続々

ヒト・モノ・カネが集まる北京は技術革新でも中国の中心だ。ユニ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3692文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン