2018年12月16日(日)

ゲノム編集食品 販売容認、条件満たせば安全審査なし

サービス・食品
科学&新技術
2018/12/5 22:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省の専門調査会は5日、遺伝子を効率よく改変できる「ゲノム編集」を使った食品の規制について、一定の条件を満たせば届け出のみで販売などを認める報告書案をまとめた。既存の遺伝子組み換え食品よりも緩い規制とする場合を設ける。今後、調査会の親委員会の判断も踏まえ、厚労省は2018年度内に規制方針をまとめる。

ゲノム編集は遺伝子を自在に切り貼りできる技術。農作物などでは目的の遺伝子だけを壊す方法と、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報