/

この記事は会員限定です

高知の木材 新たな魅力 玩具やキャンプ用品で人気

[有料会員限定]

高知県産のヒノキなどを使った木工品で同県の事業者が全国的な人気商品を相次ぎ生み出している。支持されるのは玩具やキャンプ用品など、身近なニーズをくみとって開発した商品だ。面積の84%を森林が占める高知県の木材や自然の魅力発信につながりそうだ。

高知県安芸市に工房を構える「山のくじら舎」。萩野和徳社長が2001年に両親の故郷に移住し前身の木工所を設立した。様々な仕事を手掛ける中で、子育て中の母親から、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1048文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン