「無所属の会」議員が立民と会派 野党内で主導権強まる

2018/12/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

岡田克也元副総理や野田佳彦前首相らが所属する衆院会派「無所属の会」の議員が立憲民主党と会派を組む調整に入った。2019年1月召集の通常国会から国会活動を共にできることをめざす。野党第1党の立民会派は現在58人だが、70人規模になる可能性もある。参院選に向け国民民主党を含めた旧民進党勢力の結集は棚上げし、立民を軸とした野党再建を探る。

衆院の野党会派は「立憲民主党・市民クラブ」が58人、「国民民主…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]