/

この記事は会員限定です

複数の細胞を同時に培養 金沢医大発のギンレイラボ

[有料会員限定]

金沢医科大学発スタートアップ企業のギンレイラボ(石川県内灘町)は3種類以上の細胞を同時に培養できる容器を開発した。細胞を入れた容器を横に連結しても液漏れしない構造で、より多くの細胞の相互作用が観察できる。2019年春から再生医療やがん治療の研究を手掛ける医療機関などに売り込むことで、培養容器事業全体での23年12月期に年1億~2億円の売上高を目指す。

同社はバイオ関連の研究・開発を手掛ける。このほ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り666文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン