2018年12月13日(木)

複数の細胞を同時に培養 金沢医大発のギンレイラボ

スタートアップ
ヘルスケア
北陸
科学&新技術
2018/12/6 4:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金沢医科大学発スタートアップ企業のギンレイラボ(石川県内灘町)は3種類以上の細胞を同時に培養できる容器を開発した。細胞を入れた容器を横に連結しても液漏れしない構造で、より多くの細胞の相互作用が観察できる。2019年春から再生医療やがん治療の研究を手掛ける医療機関などに売り込むことで、培養容器事業全体での23年12月期に年1億~2億円の売上高を目指す。

同社はバイオ関連の研究・開発を手掛ける。この…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報