2018年12月19日(水)

中国・清華大系、日本で起業支援 650億円投資

スタートアップ
ネット・IT
中国・台湾
2018/12/5 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国の名門校、清華大学系の投資会社が日本のスタートアップ企業を支援する。人工知能(AI)やロボットの技術を発掘し、数年で40億元(650億円)を投資する方針で、国内有数の規模となる。日本発の技術革新を中国の資金が支える。

清華大の投資子会社、TUSホールディングスが11月末、東京大学の同業、東京大学協創プラットフォーム開発(東京・文京)に事務所を開いた。両社は提携で合意しており、日中スタートアッ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

訂正> 5日20時ごろ配信した「日本で起業支援、中国・清華大」の見出しと記事で、「中国の名門校、清華大学が」とあるのは「清華大学系の投資会社が」の誤りでした。(2018/12/7 16:28)

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報