2019年3月22日(金)

アルパイン、アルプスと統合決定 CASEの大波が背中押す

2018/12/5 20:30
保存
共有
印刷
その他

アルパインが5日開いた臨時株主総会で、親会社であるアルプス電気との経営統合が決まった。アルパイン株の1割を保有する香港の投資ファンド、オアシス・マネジメントなどの反対を退けた。統合で目指すのは自動車業界が直面するCASE(つながる、自動運転、シェアリング、電動化)の大きな波を乗り切る存在感のあるサプライヤーだ。

「自動車業界は100年に一度の変革期。独立系の単独企業として生きるのは大変厳しい」。株主総会の冒頭、アルパインの米谷信彦社長はこう訴えた。

アルパインが主力とするカーナビゲーションシステムなど車載機器業界を巡る環境は、スマートフォン(スマホ)の普及などもあって厳しい。クラリオンが日立グループを離れ、仏部品大手のフォルシアの傘下になるほか、パイオニアはファンドとのスポンサー交渉を続けるなど生き残りをかけた再編が相次いでいる。

アルプスがスマホや車載機器向けの電子部品を手掛ける一方、アルパインはカーナビや車載スピーカーなどのソフトウエアや音の技術に強い。

2019年1月1日に発足する新会社「アルプスアルパイン」では、アルプスのセンサーをアルパインの製品に組み込むなどの開発面のシナジーのほか、生産拠点の有効活用、規模を生かした調達などで統合効果を出す。部品単体だけでなく、システムやモジュール(複合部品)での自動車メーカーなどへの提案を強化していく狙いだ。

今回の総会で反対意見が退けられたオアシスのフィリップ・マイヤー最高執行責任者(COO)は同日、記者会見し、「結果に失望している。今後は法的措置も含め、あらゆる手段を検討する」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報