2018年12月19日(水)

台湾ペガトロン、米中摩擦で中国から生産分散
インドネシアへ 通信機器

貿易摩擦
エレクトロニクス
中国・台湾
アジアBiz
2018/12/5 19:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【台北=黎子荷、伊原健作】電子機器の受託製造サービス(EMS)世界2位、台湾の和碩聯合科技(ペガトロン)が年内にもインドネシアでの生産に乗り出すことが分かった。米国の対中制裁関税の影響回避を狙い、中国の通信機器の生産ラインを一部移管する。米国は中国製品への制裁関税の引き上げを90日間猶予すると表明したが、中国から生産地を分散する動きは止まらないとみられる。

複数の関係者によると、生産拠点はインド…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報