2018年12月12日(水)

芸術にみるロシアの閉塞感 上級論説委員 池田 元博

中外時評
2018/12/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ロシア映画界で2017年に最大のスキャンダルとまでいわれた劇映画が今月8日から日本で公開される。帝政ロシア最後の皇帝ニコライ2世とバレリーナの恋愛を描いた「マチルダ 禁断の恋」だ。

映画の舞台は19世紀後半。ニコライ2世は皇太子時代、サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場で踊るバレリーナ、マチルダ・クシェシンスカヤと恋に落ちる。やがて皇帝に就くか、それを捨てて恋愛を貫くかで悩み、最後は戴冠式を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報