/

この記事は会員限定です

農業・介護にも技能実習生 人材確保へ争奪戦

共生へ 信州と外国人労働者(中)

[有料会員限定]

長野県内で製造業に次いで外国人労働者が多いのが農業だ。農業に従事する技能実習生は6月時点で2114人。今後も増加が予想される。

高原野菜の産地・南牧村。大規模栽培を支えるのが技能実習生だ。レタスやハクサイなどを年間800トン生産する農業法人・信州森のファームでは2018年度の収穫作業を、日本人社員2人とパート、ベトナム人実習生3人で行った。

実習生のチョウさん(34)は「社員は優しく仕事は勉強にな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1278文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン