/

この記事は会員限定です

渋沢倉庫、「閑散期でも収益」の新経営戦略

証券部 松川文平

[有料会員限定]

倉庫が空でも保管料――渋沢倉庫は閑散期でも倉庫保管料を得る契約に舵(かじ)を切り始めた。食品や飲料、家電、中元ギフトなど物流需要の高まりを追い風に、繁忙期の保管スペースを確約する代わりに、閑散期にあたる冬場の保管料を荷主に払ってもらう通年契約を提案。荷主側も受け入れ始めた。

「また早くなったな」。渋沢倉庫のある幹部が驚いたのは、今年1月に荷主の大手食品・飲料メーカーから受けた「夏場の保管スペースを拡張した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1075文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン