/

この記事は会員限定です

SBI、R3と合弁会社 来年1月、アジアでブロックチェーン促進

[有料会員限定]

SBIホールディングスはブロックチェーン(分散型台帳技術)開発を手がける米国のR3社と2019年1月に合弁会社を設立する。日本を含めたアジアで、ブロックチェーン(分散化台帳)の基盤「コーダ」の普及促進を目指す。R3社のデービッド・ルッター最高経営責任者が日本経済新聞社との会見で明らかにした。

R3社はブロックチェーン技術に強みを持つフィンテック企業。コーダは複数の金融機関が必要な情報をリアルタイムに共有できるなどの利点...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り312文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン