北ガス、天然ガス有効利用で協定 北海道・豊富町と

2018/12/5 22:00
保存
共有
印刷
その他

北海道ガスは5日、豊富町内で生産する未利用の天然ガスの有効利用に向けた連携協定を同町と結んだ。豊富温泉地区から出るガスを燃料とする小型の発電プラントを建設し、数年以内の稼働をめざす。発電した電気は町内の公共施設などに供給する予定で、発電機の出力や台数は今後詰める。エネルギー地産地消の実現に向けて協力する。

豊富温泉での天然ガスの噴出量は1日あたり約1万立方メートル。周辺のホテルや旅館のほか、セコマグループの豊富牛乳公社(北海道豊富町)のヨーグルト工場にも供給されているが、なお多くが未利用のまま放出されている。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]