/

この記事は会員限定です

ANA、ライバル突き放しへ拡大戦略貫く

証券部 佐藤俊簡

[有料会員限定]

ANAホールディングス(HD)が拡大策を次々に打ち出している。2019年3月期の国際線の輸送能力は10年前の2倍超に拡大し、20年3月期以降も積極的な投資を実施する計画だ。首都圏を中心に好調な航空需要を取り込む考えで、供給に需要がついてくれば、規模の面でライバルの日本航空(JAL)を突き放すチャンスとなる。

「引き続き国際線で成長を目指す」。11月の定例記者会見で19年の事業方針について問われた片野坂真哉社長はこう強調。業界が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1177文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン