みちのりHD 観光バス予約・決済できるMaaSアプリ

2018/12/5 17:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

東北・関東などで公共交通事業を営む、みちのりホールディングス(HD、東京・千代田)と傘下の岩手県北自動車(岩手県北バス、盛岡市)は2018年12月4日、観光型MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)用スマートフォンアプリ「すぐのれ~る」を提供すると発表した。12月中旬からApp StoreとGoogle Playで順次配布する。アプリ開発はエムティーアイが担当した。

MaaSアプリ「すぐのれ~る」の画面(出所:みちのりホールディングス)

MaaSアプリ「すぐのれ~る」の画面(出所:みちのりホールディングス)

すぐのれ~るは当初、岩手県北バスが運行する仙台空港~松島・平泉・花巻線を使える。バス便の検索から座席予約・決済・発券までがアプリ上で完結する。沿線観光施設のクーポン発券機能もある。日本語・英語・韓国語・中国語に対応し、訪日外国人旅行者の利用を促す。

みちのりHDは、アプリ提供を通じて旅行者の利便性を高め、運輸収入拡大を図る。クーポン発券機能によって観光施設への送客を支援し、広告収入などの獲得も狙う。まずは仙台空港~松島・平泉・花巻線で実証し、機能を改良しながら、東北・北関東の約50路線への展開を目指す。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 清嶋直樹)

[日経 xTECH 2018年12月4日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]