2018年12月17日(月)

サッカーの試合を5GとARで再現 フジテレビら実証実験

モバイル・5G
科学&新技術
BP速報
2018/12/5 16:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

フジテレビジョンは2018年12月4日、NTTドコモと共同で、第5世代移動通信方式(5G)の実証実験を行うと発表した。「DOCOMO Open House 2018」(18年12月6~7日開催)において、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の協力を得て開発した「ジオスタ 2018JリーグYBCルヴァンカップFINAL」の一般公開を実施する。

「ジオスタ 2018JリーグYBCルヴァンカップFINAL」のイメージ(出所:フジテレビジョン)

「ジオスタ 2018JリーグYBCルヴァンカップFINAL」のイメージ(出所:フジテレビジョン)

「ジオスタ 2018JリーグYBCルヴァンカップFINAL」は、10月27日に行われた湘南ベルマーレと横浜F・マリノスの試合をAR(拡張現実)を使用しテーブル上にて再現するデモコンテンツである。ユーザーは試合とリアルタイムに連動するARによる新しいサッカー観戦を体験できるという。

会場の埼玉スタジアム2002に設置した複数のカメラ映像から選手やボールの位置情報を解析して取得した位置情報とユーザー視聴端末の6DoF(前後、左右、上下の動きの自由度)情報を元に、サーバー上で試合の様子をCG化し、ARによる観戦を実現する。5Gの高速・大容量・低遅延により、コンピューティングの大部分をクラウドサーバーに割り振ることが可能となり、端末依存の低いリアルタイムAR観戦を実現するとしている。

(日経 xTECH/日経ニューメディア 長谷川博)

[日経 xTECH 2018年12月4日掲載]

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報