2018年12月15日(土)

日本版司法取引「活用する」企業4割 本社調査

ゴーン退場
法務・ガバナンス
2018/12/5 15:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社が5日まとめた第14回「企業法務・弁護士調査」で、6月に始まった日本版司法取引制度を活用する考えを持つ企業が4割強に上った。調査は、日産自動車のカルロス・ゴーン元会長が金融商品取引法違反容疑で逮捕される前に実施した。司法取引はゴーン元会長の事件でも使われ、実態解明に一定の役割を果たしている。弁護士には法務戦略として重視すべきだとの意見が多く、企業の活用意欲はさらに高まりそうだ。

日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

2例目の司法取引 外国人執行役員ら協力[有料会員限定]

2018/11/21付

不正情報の把握 体制整備がカギ [有料会員限定]

2018/11/5付

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報