/

この記事は会員限定です

[FT]米議員、サウジ皇太子の記者殺害関与に「疑いなし」

[有料会員限定]
Financial Times

米上院共和党の有力議員2人が4日、サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏の殺害に関して米中央情報局(CIA)長官から説明を受けた後、サウジのムハンマド皇太子が関与していたことに疑問の余地は「一切ない」と語った。

上院外交委員会のボブ・コーカー委員長(テネシー州選出)は、サウジの事実上の最高権力者であるムハンマド皇太子が「殺害を命令し、殺害を監視し、何が起きているのかを正確に知っていた。事前に計画...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1437文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン