2018年12月19日(水)

「初鳴き」「開花」季節告げる生き物消えゆく

社会
2018/12/5 11:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

鳥や虫の「初鳴き」、植物の「開花」などを記録する「生物季節観測」が曲がり角を迎えている。鳴き声や姿を確認できない動植物が年々増え、観測リストから除かれる動植物が目立ち始めた。季節の移ろいを生き物に教えてもらう――。古くから続く習慣が薄れつつある。

生物季節観測は全国58の気象台などで、職員が観測対象の生き物を初めて見た日を「初見日」、鳴き声を聞いた日を「初鳴日」、花が咲いた日を「開花日」などと記…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報