引退の安室さん、羽子板に 全米優勝の大坂選手らも

2018/12/5 10:58
保存
共有
印刷
その他

今年話題になった時の人をデザインした年末恒例の「変わり羽子板」が5日、東京・浅草橋の人形メーカー「久月」で披露された。モデルには女子テニスの全米オープンを制した大坂なおみ選手や、9月に引退した安室奈美恵さんら9人が選ばれた。

女子テニスの大坂なおみ選手などをモデルにした「変わり羽子板」(5日午前、東京都台東区)

33回目の今年はスポーツ界が最も多く、米大リーグで新人王に輝いた大谷翔平選手も登場。プロ野球で球団初のセ・リーグ3連覇を成し遂げた広島の緒方孝市監督、フィギュアスケート男子の羽生結弦選手もデザインされた。

ほかに被災地で救援活動を重ね、8月に山口県で行方不明の男児を助けて「スーパーボランティア」と呼ばれた尾畠春夫さん、ノーベル生理学・医学賞の受賞が決まった京都大の本庶佑特別教授、女優との交際や月旅行契約などで話題を振りまいた衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)の前沢友作社長もお目見え。

〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]