2019年7月18日(木)

革新投資機構と経産省なぜ対立 3つのポイント

3ポイントまとめ
2018/12/5 9:28
保存
共有
印刷
その他

官民ファンドの産業革新投資機構(JIC)と、所管する経済産業省との対立が深まっています。役員の高額報酬の妥当性への見解の違いが原因でしたが、ファンドの運営に影響が出かねない事態に発展しつつあります。

 記者会見する世耕経産相(右)と産業革新投資機構の田中正明社長(左)

記者会見する世耕経産相(右)と産業革新投資機構の田中正明社長(左)

(1)JICとは

産業革新機構が改組して9月に発足した国内最大級の投資会社です。次世代の産業を育てる役割をめざし、民間のノウハウを生かそうとしています。社長に三菱UFJフィナンシャルグループ元副社長の田中正明氏を迎えました。

田中社長、成長見込める企業選別 産業革新投資機構が発足

(2)なぜ対立

所管の経産省が当初、高額の役員報酬を提案したのですが、批判を受けて撤回を求めました。これに機構が反発して受け入れませんでした。報酬額を減らされるためというより経産省の対応に不信感を高めたからです。

革新投資機構の「高額報酬」認可せず、経産省が不手際を謝罪

(3)運営に影響も

経産省は混乱の責任を取る形で幹部の報酬を自主返納することなどを発表しました。一方で、反発する機構側の対応に不快感を強め、2019年度の機構にかかわる予算要求を取り下げる案も出ています。

革新投資機構に休止案、経産省が予算要求取り下げ検討

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。