2018年12月19日(水)

英、EU離脱の助言文書公表へ 与党内造反で議会が圧力

Brexit
ヨーロッパ
2018/12/5 4:36
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=中島裕介】英政府は4日、欧州連合(EU)からの離脱について、メイ首相が受けた法律上の助言を全て公開する方針を固めた。これまで助言の概要は公表していたが、野党が11日の離脱案の採決に臨むためには全容公開が欠かせないと訴えていた。公開する文書にメイ首相にとって不都合な内容が含まれていれば、英・EUの離脱案の了承に逆風になる可能性もある。

英国のEU離脱の行方は混沌としている=ロイター

メイ首相はEUと離脱協定の内容などを交渉する過程で、コックス法務長官から法的な助言を受けていた。野党はこうした助言の中に「離脱案では永久にEUルールに縛られ続ける」などと言った国益に反する助言がないかどうか、確認が必要だと主張していた。

3日にはコックス氏が議会で助言の概要を説明し「政府の離脱案は法的確実性を伴う円滑な離脱を確実にする」と訴えていた。だが野党・労働党は不十分と判断し、全文を公開しない政府の方針を議会への侮辱とみなす動議を提出した。

4日の動議の採決では与党の保守党の一部と閣外協力する北アイルランドの地域政党、民主統一党(DUP)の議員11人が造反し、賛成多数で侮辱とみなすことが確定した。こうした動議が可決されるのは極めて異例で、与党の足並みの乱れがあらわになった。

政府は11日の採決より前に全容を公表する方針だ。ただEUとの交渉過程での不都合な隠し事などが発覚すれば、議会の審議やメイ氏の政権運営に打撃になるのは間違いない。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報