/

この記事は会員限定です

中国の変調、アジアに影 景気回復最長への関門(上)

[有料会員限定]

中国南部の広東省で11月初旬まで開かれた中国最大規模の貿易商談会「広州交易会」。例年、海外から中国企業との契約を狙って20万人ほどが集まるが、今回、参加は19万人を割った。契約がまとまった米国向け輸出額も28億ドル(約3000億円)と前年比3割減。同省東莞市の電子器材メーカー従業員は「米中貿易摩擦の影響だ」と話す。

米国が中国製品に相次いで制裁関税を発動した影響で、中国では工作機械などの生産が失...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1130文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン