デジタル人材、異業種間争奪 NTTデータが最大3000万円

2018/12/5 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)などの技術の広がりを背景に、高度なデジタル技能を持つ人材の争奪戦が業種を超えて激しくなってきた。NTTデータは優れたデジタル人材を年収2000万~3000万円で迎える。デジタル技術が急速に広がり、自動車や小売りでも需要が高まる中、人材確保は難しさを増している。給与や「働き方」の魅力を高め、人材をひき付ける。

NTTデータは4日、AIやあらゆるモノがネットにつながる「IoT」分野で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]