西濃運輸、人手不足で海上航路活用 敦賀―博多も検討

2018/12/4 20:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

セイノーホールディングス傘下の西濃運輸が海上航路の活用に取り組んでいる。静岡―大分の間で始めたところトラック運転手の数を半減できたことから、来春に運航がスタートする敦賀―福岡間の海上航路も使う検討に入った。人手不足が深刻になるなか、陸路より風雨の影響を受けにくい面もあることから利用を拡大する。

同社は川崎近海汽船が運航する清水港(静岡市)から大分港(大分市)への航路を使い、7月から貨物の輸送を始…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]