2019年2月17日(日)

長野のハイネスライフG、モンゴル人介護実習生受け入れ

サービス・食品
北関東・信越
2018/12/5 7:00
保存
共有
印刷
その他

病院や高齢者福祉施設を運営するハイネスライフグループ(長野市)はモンゴル人の介護技能実習生6人を受け入れる。モンゴルからの介護技能実習生の受け入れは日本で初めてで、モンゴルで高齢者福祉を支えるリーダーとして育成する。同グループは将来、30~40人程度の介護技能実習生を受け入れていく考えだ。

ウランバートルの病院で訓練を受ける介護技能実習生

12月11日に辞令交付式を開き、長野市の特別養護老人ホーム「朝日ホーム」などで本格的な実習に入る。6人のうち3人は国立病院の看護師で、他の3人は首都ウランバートル最大の私立病院で1カ月間の専門訓練を受けたという。

同グループは2017年12月から受け入れ準備を進め、モンゴル側の送り出し機関「オユンナ基金」と連携して受け入れが実現した。「国際貢献活動として人材を育成する。モンゴル人は日本語の習得が早く、今回受け入れる6人は看護・介護の技能も高い」(同グループ)という。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報