/

この記事は会員限定です

働く外国人、長野県の中小製造業の生命線に

共生へ 信州と外国人労働者(上)

[有料会員限定]

外国人労働者受け入れを拡大する出入国管理法改正案の国会審議が大詰めを迎えている。長野県でも外国人雇用は増加しており、介護分野などにも広がる見込み。ただ法案審議では雇用条件や受け入れ体制などの論点はあいまいなままだ。地域での共生という課題も含め、企業や自治体は早急な対策が求められる。外国人労働者を巡る最新の動向や課題を探った。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1287文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン