/

LCCのジェットスター、成田―庄内便を検討

格安航空会社(LCC)、ジェットスター・ジャパン(千葉県成田市)は成田―庄内便の就航を検討する。片岡優社長が4日、山形県の吉村美栄子知事と面談し、「スピード感をもって就航に向け課題を解決したい」と述べた。時期については明言を避けたが、これまで就航表明して実現しなかった事例はなく、初の就航地で空港設備などの調整を急ぐという。

山形県の吉村美栄子知事(左)を訪問したジェットスター・ジャパンの片岡優社長

面談で片岡社長は「ビジネス需要が多く、外国人観光客も増え、実現すれば成田とつながり誘客の役にたてる」と説明。吉村知事は「お手ごろ価格で首都圏と結ばれる。少しでも早くゴーサインを」と期待した。

山形県の吉村美栄子知事(左)を訪問したジェットスター・ジャパンの片岡優社長

片岡社長は面談終了後、「需要についてはあまり心配していない。荷物を運ぶ動線などハード面をゼロから作っていくことが課題」と述べた。庄内は鉄道でのアクセスが不便な地域で、庄内空港も羽田便が1日4往復にとどまる。ただ、周辺にはソニーTDKなどの関連工場があるほか、慶大の研究拠点も規模を拡大。出羽三山などの観光資源に着目した訪日客も増え、ホテルの開業が相次いでいる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン