2018年12月14日(金)

公共事業 増税対策色濃く 優先順位の精査必要

税・予算
経済
2018/12/5 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

相次ぐ大規模な災害は公共インフラの補修が課題であることを浮き彫りにした。必要な補修を怠れば命にかかわる恐れがあり、長く抑制してきた公共事業費は増額に向かう。政府は3年で3兆円超の対策費を見込むが、足元の支出には消費増税をにらんだ景気対策の色合いも濃い。単なるバラマキにつながらないように、事業の優先順位を精査する必要がある。

確かに国内のインフラの老朽化は深刻で、建設から50年以上たつ施設は今後も…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報