2019年6月18日(火)

豊田合成、インドネシアにエアバッグ工場

2018/12/4 20:00
保存
共有
印刷
その他

豊田合成は4日、インドネシアでエアバッグを生産する新会社を設立すると発表した。同社が8割、同国の車部品大手のアストラ・オートパーツが2割出資する。西ジャワ州カラワン県に工場を設ける。エアバッグ生産拠点は同国で2カ所目。2020年11月に生産を始め、25年度までに約45億円を投資する。同国での車の安全規制強化で拡大する需要を取り込む。

トヨタ自動車やダイハツ工業など日系メーカーの生産拠点があるカラワン県に新会社「豊田合成インドネシア」を設立する。工場は19年2月に着工し、20年11月に稼働予定。5万平方メートルの土地に2万平方メートルの建屋を設ける。エアバッグのほか、燃料系部品を生産する。

エアバッグやハンドルを含むセーフティシステム製品事業は豊田合成の17年度売上高(8069億円)の3割近くを占める。同社は25年度目標の売上高1兆円に向け、エアバッグの海外生産拠点の強化を掲げている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報