2019年7月18日(木)

名古屋・柳橋の中央水産ビル 水産卸組合が売却へ

2018/12/4 19:34
保存
共有
印刷
その他

名古屋市の柳橋地区にある水産卸組合は4日、柳橋中央市場の「中央水産ビル」を2019年10月末をめどに売却する方針を決めた。同ビルを所有する名古屋中央市場水産物協同組合が同日午前に開いた臨時総会で、同ビル売却と同組合の解散について議論し、賛成多数で承認された。

名古屋市の柳橋地区にある柳橋中央市場の「中央水産ビル」

売却額や売却先は未定。同ビルに入る約70店の鮮魚の卸業者などは今回の売却を機に他のビルに移転するなどの対応を迫られることになる。1965年に建設された同ビルは老朽化が進み、売却が議論されてきた。

柳橋地区では、名古屋市営地下鉄東山線の名古屋―伏見駅間に「柳橋駅(仮称)」を設置する構想がある。名古屋駅前の高層ビル「ミッドランドスクエア」を運営する東和不動産が18年1月に「柳橋食品ビル」を取得するなど再開発が活発になっており、中央水産ビル跡地の再開発にも注目が集まりそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。