/

この記事は会員限定です

リチウムイオン電池、発火相次ぐ 衝撃や過充電で

[有料会員限定]

スマートフォン(スマホ)や充電用モバイルバッテリーなどに搭載されている小型リチウムイオン電池が発火する事故が相次いでいる。東京都内では2017年までの5年間に168件の火災が発生した。落下させるなど電池への強い衝撃や、電圧の異なる電子機器に接続して起こる過充電などが主な原因で、東京消防庁は適切な利用を呼びかけている。

11月9日夜、走行中の東北新幹線「はやぶさ」の車内で発煙事故が発生した。一部車両...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り885文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン