/

この記事は会員限定です

Chromeに警告表示 グーグル、強権発動の深層

[有料会員限定]
日経コンピュータ

特定のウェブサイトを開くと警告が表示され、場合によってはアクセスできない。米グーグルや米モジラなどのウェブブラウザーでこんな事態が起こっている。ネットの安全を重視する姿勢が世界的に強まっていることに対応した動きだ。

総務省サイト「保護されていません」

保護されていない通信──グーグルのウェブブラウザー「Chrome(クローム)」の利用者が総務省のウェブサイトから検索機能を使おうとすると、こんな警告が赤く表示される。グーグルは2018...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3322文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン