2018年12月11日(火)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

村田「このままでは終われぬ」 引退決意を翻意
前WBAミドル級王者

2018/12/4 16:17
保存
共有
印刷
その他

前世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太(帝拳)が4日、東京都内で記者会見し、現役続行を表明した。10月20日に米ラスベガスで行った2度目の防衛戦でロブ・ブラント(米)に完敗した試合を振り返り、「あの試合がボクシングの集大成でいいのか、このままでは終われないと思った。もう一度世界の舞台に立てるボクサーになりたい」と決意を語った。再起戦の時期は未定。

現役続行を表明した村田

現役続行を表明した村田

ブラント戦は相手の速さの前に翻弄され続けた。試合直後は進退について明言しなかったものの、「(内心は)辞めるつもりだった。自分自身のボクシングに対する情けなさ、ダメージの深さもあった」と明かした。妻や父からも引退の希望を言われたという。

心変わりしてきたのは、帰国して1週間くらいたってからという。「周囲の人と話していくうちに、自分自身が納得いくまでやればいいかなと思うようになった」。少しずつ体を動かし始め、この日からジムワークを本格的に再開した。

再起戦の相手や時期は未定だが、村田とプロモート契約するボブ・アラム氏は試合直後から日本でブラントとの再戦を組む考えを口にしていた。米スポーツ専門局ESPNなどによると、ブラントは王座奪取後にアラム氏と契約。2019年2月に地元ミネソタ州で初防衛戦を行う計画という。ブラントが防衛に成功すれば、再戦の可能性は高そうだ。

この日、村田自身は「ブラントとの再戦にはこだわっていない。マッチメイクはジムに任せている」と話した。ミドル級での世界戦が難しい場合は、1階級上のスーパーミドル級まで受け入れる考えも口にした。

王座陥落してから自問を繰り返すなかで、ハングリーさの欠如も感じたという。「世界王者になって、満足していた部分がどうしてもある。一度ハングリーでなくなった人間にハングリーになれというのは難しいけど、新しいチャレンジや目標が出てくると力が湧いてくるもの。まずはそれを見つけていかないといけない。もう一度、しっかり心身ともに自分自身を追い込んでリングに立ちたい」。自らに言い聞かせるように、再び厳しい道を進む覚悟を口にした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 体重無差別で争う柔道全日本選手権の実行委員会が10日、東京都文京区の講道館で開かれ、国際柔道連盟(IJF)のルールで廃止された「有効」の存続を確認した。
 伝統を誇る全日本選手権は既に旗判定廃止やゴー …続き (10日 20:49)

女子個人組手の決勝で八頭司(左)を攻める植草(9日、日本武道館)

 空手の全日本選手権最終日は9日、東京・日本武道館で行われ、体重無差別で争われた個人組手の女子は、11月の世界選手権銀メダルの植草歩(JAL)が決勝で八頭司歩(宮崎産業経営大)を3―0で下し、史上初の …続き (9日 19:11)

男子団体組手で優勝し、ポーズをとる吉岡(左から2人目)ら神奈川の選手(8日、東京武道館)=共同

 2020年東京五輪で初めて行われる空手の全日本選手権第1日は8日、東京武道館で都道府県別で争う団体組手が行われ、女子は世界選手権銀メダリストの植草歩(JAL)らの千葉が決勝で代表戦の末に静岡を退け、 …続き (8日 18:12)

ハイライト・スポーツ

[PR]