/

この記事は会員限定です

人工細胞が物質工場に ゲノムをPCで自在に設計

NextTech2030

[有料会員限定]

生命の設計図となるゲノム(全遺伝情報)。東京大学などの大学と企業のチームはゲノムを人工的に作り、それをもとにたんぱく質合成など生体の働きを再現する「人工細胞」の開発に取り組んでいる。狙った機能を持たせたたんぱく質を短時間で安く作れるようになる。2030年代にはパソコン上で遺伝子を自由に設計し、目的の物質を手軽に作れる技術が実現するかもしれない。

直径数マイクロ(マイクロは100万分の1)メートルの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1656文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン