2018年12月17日(月)

米マリオットの大規模スト、2カ月で終結 経営が譲歩
時給・労働条件改善、業界に波及も

サービス・食品
北米
2018/12/4 15:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=西邨紘子】米国のマリオット・インターナショナル系ホテルで従業員約8000人が参加したストライキが3日、開始から約2カ月を経て終結した。時間給引き上げや労働環境の改善などを求めた労働組合にマリオット経営側が譲歩したもようだ。世界最大のホテルチェーンが従業員の待遇改善に動いたことで、業界に影響が広がりそうだ。

「人生を一変させる労使契約を勝ち取った」。3日午後5時。サンフランシスコの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報