/

この記事は会員限定です

[FT]ゴーン氏逮捕で批判浴びる日本の司法制度

[有料会員限定]
Financial Times

起訴される前の身柄拘束は最長で23日間に及び、弁護士は取り調べに立ち会えない。有罪判決の比率は99.97%に上る――。日産自動車のカルロス・ゴーン元会長の逮捕を機に、同社だけでなく、日本特有の刑事司法制度に対しても注目が集まっている。

役員報酬を有価証券報告書に過少に記載した容疑で逮捕されたゴーン氏の処遇を巡り、同氏が国籍を持つフランスでは激しい怒りがわき上がっている。もっとも、日本の警察や検察を長年批判し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2234文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン