2018年12月13日(木)

年金受給、70歳からなら「月33万円」の虚実

経済
2018/12/4 11:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省は70歳を超えてからでも年金の受け取りを開始できるようにする方針だ。実施時期など具体的な議論はまだこれからだが、厚労省は70歳まで遅らせればサラリーマンの夫と専業主婦の世帯で月33万円もらえるとの試算を初めて出した。ただ、このモデルはもはや少数派の専業主婦世帯だ。一方、増加傾向の未婚女性の年金はその6割と、少なくなっている。

厚労省が公表した「専業主婦モデル」の試算では、サラリーマンで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報