オリパラ考

フォローする

バドミントン女子複、最も過酷な五輪代表争い
編集委員 北川和徳

2018/12/5 6:30
保存
共有
印刷
その他

日本の五輪史上最も過酷でハイレベルな争いとなることだろう。2020年東京五輪のバドミントン女子ダブルス代表の座を勝ち取るのはどのペアか。出場枠は最大2。日本勢は現在世界ランクのトップ3を独占、10位までに5ペアが名を連ねる。

先日の全日本総合選手権でも彼女たちは火花を散らせた。世界ランク1位の福島・広田ペアが、準決勝で18年世界選手権優勝の永原・松本ペア(同3位)、決勝はリオデジャネイロ五輪金メダルの「タカマツ」こと高橋・松友ペア(同2位)を破って連覇を果たした。

女子ダブルスは福島・広田ペア(右側)が高橋・松友ペアを破り連覇を果たした=共同

女子ダブルスは福島・広田ペア(右側)が高橋・松友ペアを破り連覇を果たした=共同

今季ワールドツアーで5勝。これほど強くても福島・広田ペアはワールドツアーのランキング上位者が集うファイナルズ(12日から、中国・広州)に出場できない。こちらも各国の出場枠は2。永原・松本ペアが世界王者として出場が決まり、ツアーで得た全ポイントを加算して競うツアーランキングではタカマツペアが僅差で1位を確保した。日本のレベルの高さが生んだ珍事といえる。

五輪出場枠を決めるのは20年4月末の世界ランク。日本の国内大会は関係ない。世界選手権なども含めた直近1年間の国際大会の成績が対象となる。19年春に「よーい、ドン」でレースが始まるわけだ。

世界ランク10位以内のペアが出場する国際大会はほぼ同じ。日本代表として一緒に遠征する。最近では準決勝以上に日本の複数のペアが進むこともまったく珍しくない。ライバルのランクを下げて自分たちのランクを上げるには、日本ペア同士の直接対決に勝つことが重要になる。

自分たちよりライバルが勝ち進んだときは、負けを願い足を引っ張りたい気持ちも芽生えるだろう。そんな精神状態に追い込まれる戦いが月に1、2回のペースで海外を主戦場に1年間続く。

以前、タカマツペアに聞いたことがある。過酷な競争にどんな気持ちで臨めそうかと。「正直楽しめはしないだろうが、そこを楽しむくらいの気持ちでできれば」(高橋)「勝ったり負けたりが続くでしょう。どうなっていくのか楽しみでもあります」(松友)

彼女たちだけが味わえる経験でもある。楽しんでほしいと心から願う。

(20年東京五輪まであと597日)

オリパラ考をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
今のラグビー日本代表には驚くほどの一体感と求心力を感じる

 ラグビーワールドカップ(W杯)で、にわかラグビーファンが急増している。恥ずかしながら、自分もその一人。学生時代は大好きで記者1年目はラグビー担当だったのに、1990年代半ば以降、仕事以外ではテレビ観 …続き (10/11)


 9月9日に千葉市付近に上陸した台風15号は、広範囲で停電を引き起こすなど大きな被害を出した。古来、台風が来たり強風が吹いたりする日とされる「二百十日」とは、9月1日前後を指す。来年は同時期に東京パラ …続き (10/10)

バドミントンの中国オープンで初優勝を飾った桃田賢斗=ゲッティ共同ゲッティ共同

 バドミントン男子の桃田賢斗(25、NTT東日本)がレジェンド(伝説)と呼ばれる存在へと着実に歩んでいる。8月の世界選手権で連覇を果たし、9月も中国オープン、韓国オープンとワールドツアーを2週連続で優 …続き (10/4)

ハイライト・スポーツ

[PR]